健康診断の予約受付がスマホからもパソコンからもできる
健康保険組合の健診に特化した予約受付システム

RESERVAが選ばれる理由

  • 健康診断の予約に適した予約管理システム

  • 問診票(Webアンケート)など豊富な機能を実装

  • 健診受診者はスマートフォンやパソコンからも予約が可能

  • リマインドメールで健診予約日忘れの防止対策が可能

  • 保険証の番号や加入者メールアドレスをIDにできる

  • コールセンター連携*1で電話での受付も可能

  1. 有料オプション

予約の流れ

受診者(社員の方)がご覧になる予約画面とともに、サイトでのご予約から受診までの流れをご紹介します。
  1. 予約サイトを開きます。検診のメニューが表示されるので受診するものを選びます。
  2. 検診を受ける人数と日時を選びます。
  3. 会員IDでログイン、または直接連絡先を入力します。会員IDは社員番号や社員メールアドレスなどに設定することができます。
  4. 確認画面にて、申込み内容に誤りがないか確認します。
  5. 予約完了!メールが届きますのでご確認ください。
受診者(組合員)が業務多忙で、受診の日をうっかり忘れてしまった!というようなことがないよう、前日にはリマインドメールでご連絡します(リマインドメールを送らない設定もできます)
  • 画面はスマートフォンで閲覧した場合のものです。RESERVAは、PC、スマホ、タブレットに完全対応しています。
  • 予約の流れはご利用のプランやメニューの内容によって上記と異なることがあります。

以上の流れを実際にお試しいただけます

RESERVAを導入している健保組合の事例

健康保険組合(製造業) / 総務担当部長 C様

大規模人数の申し込みにも安定稼働

RESERVAを導入した理由を教えてください
RESERVA導入前は、健保組合自前の予約システムを運用していました。その際の課題としては、システムが15年前に構築されたものであり、画面デザインも古く、システム停止が頻繁に発生していました。
RESERVAを導入したのは、システムダウンを防ぎたい、その一点に尽きます。導入から1年たちますが、システムダウンは1度もなく、安定稼働を続けてくれているので信頼しています。

とにかく使いやすい。そしてラク。

スタッフの皆さまの反応はいかがですか?
以前のシステムは、デザインが悪く、管理担当者が操作を覚えるのも大変でした。また、Webシステムとはいえ、同時ログイン制限があったり、とにかく不便でした。
RESERVAは、サブ管理者権限があるので、当組合のスタッフ各人にアカウントを割り振ることができます。誰がどのような操作を行ったかも明確です。また、当健保組合は事務局の担当者数も多いのでIP制限機能を使うことで、セキュリティも担保できるので安心して利用できます。

運用コストを1650万円削減

導入後に実感しているメリットはありますか?
実は、健保組合で負担するシステム運用者の人件費、サーバー費、外部ITベンダーへの保守支払いで年間1800万円ほどかかっていました。
RESERVAを導入してからは、年間150万円のみとなり、1/12の運用コストで、1650万円もコストダウンできるようになりました。当健保組合のような加入者数の多い組合において、月間10万円ちょっとで予約システムが利用できるとは大変驚いています。

選べる料金プラン

フリー ブルー シルバー オススメ!ゴールド エンタープライズ
0円 2,000円 / 月 5,000円 / 月 10,000円 / 月 20,000円 / 月
まずは基本機能の予約システムを無料で使いたい 低価格で月間200件の予約受付 広告非表示の予約システムを導入 予約・顧客管理の「全機能」が使えるお得プラン より強固なセキュリティ!自社サイトへの埋め込み
詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
無料で予約サイトを作成する