町家の予約受付と顧客管理を完全自動化
町屋のための予約システム

RESERVAが選ばれる理由

  • 無料で使える町屋の宿泊予約管理システム

  • キャンセル対策のリマインドメール

  • キャンペーンなどをお知らせするメルマガ配信機能

  • 備品貸し出しのオプション予約機能

  • PC・スマホ・タブレットに対応し、24時間予約受付可能

予約の流れ

お客様がご覧になる予約画面とともに、サイトでのご予約から来店までの流れをご紹介します。
  1. 町家の予約サイトを開きます。ご利用日時や人数、部屋数を指定して、空き状況を検索します。(日時が未定の場合や、まずはお部屋や宿泊プランを知りたい場合は、検索エリアの下の一覧からご確認いただけます)
  2. ご指定の条件で空きのあるお部屋や宿泊プランが表示されます。ご利用になるものを選びます。
  3. お部屋や宿泊プランの詳細が表示されます。内容をご確認の上、よろしければ「予約する」を選びます。 他のお部屋や宿泊プランをご利用になる場合は「戻る」から前の画面に戻り、選び直します。
  4. ご連絡先を入力します。RESERVA会員登録がお済みの場合は会員IDでログインします。
  5. 確認画面にて、申し込み内容に誤りがないか確認します。
  6. 予約完了!メールが届きますのでご確認ください。
お客様が予約の日をうっかり忘れてしまった!というようなことがないよう、前日にはリマインドメールでご連絡します(リマインドメールを送らない設定もできます)
  • 画面はスマートフォンで閲覧した場合のものです。RESERVAは、PC、スマホ、タブレットに完全対応しています。
  • 予約の流れはご利用のプランやメニューの内容によって上記と異なることがあります。

以上の流れを実際にお試しいただけます

RESERVAを導入している町家の事例

京町家管理会社(京都府) / 総務部 IT担当 A様

一軒家(一部屋)でもかんたんに導入できる

RESERVAを導入した理由を教えてください
当社では京都中心部の町家を借り上げて、民泊や簡易宿所として旅行者に提供をしています。とはいえ、京町屋は一軒単位の管理になるので、大規模なPMSや予約システムの導入はできませんでした。
RESERVAはずっと無料で使えるという触れ込みで、知人から紹介されました。RESERVAのサポートセンターに問い合わせて、導入方法を教えてもらいながら、小一時間であっという間に導入完了したときは大変驚きました。
RESERVAは、私たちのような小規模の宿泊施設にぴったりの予約管理システムだと思います。

外国語対応できるから、本当に便利

現在はエンタープライズプランをご利用とのことですが、きっかけは?
「京都の町屋」となると、必然的に宿泊される方は外国のお客様が多くなります。予約システムが日本語だけだと、スタッフが英語や中国語で別に説明をしなければならず、オペレーションが大変でした。
RESERVAは予約システムが英語、中国語、韓国語、タイ語に対応しているので、インバウンド顧客にも対応してくれてます。5ヶ国語に対応しているエンタープライズプランは即決でした。(笑)

もっと外国語を増やしてほしい

RESERVAに一言
現状では5ヶ国語に対応していますが、最近ではベトナム語、ポルトガル語、フランス語などをお話しになるお客様も増えておりますので、それも対応できたらなあと思います。RESERVAさんには、対応言語数を増やしてほしいと思っています。

選べる料金プラン

フリー ブルー シルバー オススメ!ゴールド エンタープライズ
0円 2,000円 / 月 5,000円 / 月 10,000円 / 月 20,000円 / 月
まずは基本機能の予約システムを無料で使いたい 低価格で月間200件の予約受付 広告非表示の予約システムを導入 予約・顧客管理の「全機能」が使えるお得プラン より強固なセキュリティ!自社サイトへの埋め込み
詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
無料で予約サイトを作成する